交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

ひき逃げではないけど、逃げられた話

投稿日:2019年12月25日 更新日:

私が高校2年生の時に遭った事故の話。
通学中に、マンションの駐車場から出てきた車に衝突され転倒した。自転車を漕いでいた私の横に車がぶつかる形だ。

その時の怪我は肘を擦りむいたことくらいで、私はすぐに立ち上がれた。

運転していたのは若い女性。衝突後すぐに車から降りてきて心配してくれたが、大きな怪我もなく、早く学校に行きたかった私は「大丈夫」と言い張り、その場を後にした。
「何かあったら連絡下さい」と携帯の番号を教えてくれたので、メモをしておいた。

とは言え、転倒した時に制服が破れてしまい登校できないので一旦帰宅。母親は元気な私の姿を見て心配していなかったが、一応病院には行くことに。診察の順番を待っていた時から少しずつ身体が痛み出した。

「車と衝突した、首と太ももが痛い」と伝え、医者に診てもらった結果、むち打ち・擦過傷・打撲。
身体は湿布まみれ、肘には包帯、おまけに頸椎固定カラーというものでしばらく首を支えることに。肘の怪我も、範囲は小さいがよく見ると深くえぐれており、今も3cm程のケロイドが残っている。

それなりの怪我になったので、事故の相手と連絡をとることに。が、教えられた番号に連絡するも、一向に繋がらない。プルルルルルという呼び出し音がずっと流れているだけ。着信拒否設定なのか知らない番号だから出ないのか、理由は分からないが、何度かけても繋がらない。

結局、この女性と連絡をとることはできず、診察費は全額自己負担となった。

いくら大した怪我がなかったとしても、教えられた番号にその場で電話をかけて繋がるか確認するなり、車のナンバープレートをメモしておくなりの対処は出来たはず。本来は警察も呼ぶべきだった、と今なら分かる。
事故の直後は興奮状態ということもあり、冷静な判断が難しいだろうが、今後は気を付けたい。もう2度と交通事故には遭いたくないが、交通事故に限らず、万が一自分の過失で相手に怪我を負わせてしまった場合には誠心誠意の対応をするべきだし、自分もしたいと思う。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

車を運転していて車の追突事故に遭い、弁護士に相談

ある日、私は車を運転中、前方の車が急停止したため、避けきれずにその車に追突してしまいました。慌てて警察に電話をし、同時に弁護士にも相談しました。この事故を円満に解決するための一連の出来事がありました。 …

no image

母親が買い物の帰りに交通事故にあった話です

母親が車を運転している時に受けた事故となっておりますが、話は3年ぐらい前のことになっていて、私が覚えている限りのことを話したいと思っているため、端折る部分があるかもしれませんが、留意をしておいて欲しい …

no image

自転車同士の接触事故

朝の仕事で忙しくしていたときのことです。母から電話がありました。私の職場に電話をするのは珍しいことだったので驚きました。「高校生の自転車とぶつかった、右腕を骨折したから病院に運ばれるところなの」と言い …

no image

自転車と乗用車の接触

その日は仕事が休みだったので自転車に乗って買い物に行きました。帰り道自転車通行帯を走行中の事でした。横断歩道に差しかかっところ信号が赤に変わったので自転車を停止さしました。次の瞬間強い力で何かが自転車 …

no image

交差点内の事故

1年程前、T字路の交差点で母が事故にあいました。電話があったとき、心臓が飛び出るかと思いました。家から近かったので、すぐに現場に向かいました。相手は老人夫婦で、運転手は女性の方でした。青信号で直進して …