交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

丁寧な対応で落ち着いて裁判を受けることができました

投稿日:2023年5月1日 更新日:

交通事故の詳細
今回の事件は、信号のある交差点で赤信号を無視して自動車を進行させ、被害者が乗っていた原動機付自転車と衝突し、被害者は全治2週間の傷害を負わせてしまいました。このような事件は、危険運転致傷の罪に問われる可能性があるとのことでした。
危険運転致傷は、刑法の「損害賠償責任法」に規定されている犯罪で、運転者が危険な運転をすることで他の人を傷害したとされるものです。この事件では、信号無視をしたとする危険な運転をしたこと、被害者に全治2週間以上かかるほどの重傷を負わせたこと、そして被害者を傷害したことが明らかであるため、危険運転致傷の罪に問われる可能性があります。
このような事件は、運転手が危険な運転をすることで、被害者が重傷を負わされるという悲惨な結果を招くということを保険会社の方から詳しく聞き、とても怖くなってしまいました。裁判所からの出頭が命じられた場合にどういった対応すればいいかなどが全く分からない状態でとにかく焦っているような状態が続いてしまっていました。

弁護士に相談してどうなったか
任意保険会社と被害者との間で、問題を解決するための示談が行われました。また、被害者から起訴されている加害者を許す旨の嘆願があり、それが受理され、執行猶予付き判決が下されました。このようにして、被害者と任意保険会社との間で問題が解決されることができました。

まとめ
一人で焦らずに弁護士さんとゆっくりと相談をすることでよりベストな解決方法を見つけることができたので、非常に助かりました。

交通事故 弁護士 北九州

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

追突されて逃げられた話

夕暮れ時の交差点で、私の車は右折車線の先頭でした。信号は赤で、ウィンカーを出して停車していました。後続で来た車に追突され、軽い衝撃がありました。バックミラーで確認すると追突してきた車には若葉マークがあ …

no image

任意保険の重要性

雨上がりの夕方にオートバイで片側二車線の国道を走っていました。走りなれた道だったので、いつも渋滞が起こりやすい交差点に侵入する際、減速して通過をしようとしていたら、右車線を走っていた車がウィンカーも出 …

no image

停車中に後ろから追突された事故(老婆の後味の悪い対応)

約半年前の出来事です。妻と2人車で買い物に出かけている時でした。交差点の赤信号で停車をしている時でした。妻と会話している時でした。 いきなりゴツンと後ろから突き上げられるようなショックを感じました。最 …

no image

過失割合ゼロでも大変。

土曜日のお天気の良い昼間、片側一車線の直線道路での事故でした。 私はスーパーの買い物を終え自転車で横断歩道を横断し車道の左端をまっすぐ走行し自宅に向かい、相手は普通乗用車で反対車線を走っていました。反 …

no image

タクシー会社との事故で

約2年ほど前の1月の始め頃、だいたい夜10時位に国道で信号待ちで停車しているところへ、後方か来たタクシーに追突されました。ノーブレーキで突っ込まれたので、双方の車両は大破しました。当然、不意を突かれた …