交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

事故に遭ったら必ず大病院での診察は必須。母と保険会社の裁判より

投稿日:2022年5月1日 更新日:

これは2012年に母が交通事故に遭った時の話です。 我が家は神戸市垂水区にあるのですが、垂水区多聞にある垂水警察署へ落とし物を受け取るためにタクシーで向かっていました。 垂水警察へと向かう2車線の車道を下っていたのですが、母の乗ったタクシーが赤信号で停車していると、突然乗用車が追突してきたのです。 見晴らしの良い広い車道、後で警察から加害者男性が話したことを聞けば、どうして追突したかもわからないと首をひねっていたとのことです。 その衝突の際、母は前方へつんのめり、外傷はなかったのですがどうやら軽いむち打ちになったようでした。 帰宅後、私は母へ病院へ行くよう勧めたのですが、母は行きつけのカイロに行くと言って、そのまま2週間ほど過ぎました。 2週間後、加害者側の自動車保険の担当の者が電話をかけてきて、母に話をしたようですが、病院に行かなかった母に対し、ケガがないといって保険料の支払いを渋りました。 そこで、母は昔お世話になった弁護士さんのもとへ相談に行くと、その先生は「病院で診断書をもらいましたか」と尋ねました。 母はカイロにしか行っていないというと、先生は少し声を荒げ「どうして大きな病院にすぐ行かなかったのですか?カイロの先生の証言では裁判所はケガを認めてくれませんよ」と言うのです。 やはり、裁判所も事実認定する際には、一般論として大病院の言うことを信じるそうです。 先生は「とにかく保険会社と交渉してみます」と言ってその日は終わりました。 後日、弁護士さんから電話があり、「やはり向こうは支払いを認めず、裁判するしかないようですね」といい、「無理かもしれませんが、後遺症害等級認定を受けてみましょう」といって申請してくれました。 そして、「これで認定が下りなかったら裁判はあきらめましょう」と言いました。 申請から20日後、母のもとに障害認定通知が来ました。それを弁護士さんに報告すると「これでやっと勝てるかもしれなくなってきましたね」と言いました。 その後、民事裁判を起こし、母も当事者として裁判所に赴き、相手方弁護士にネチネチ挑発されながらもそれに打ち勝ち、勝訴、保険金を受け取りました。 今回分かったのは、事故のときは症状が軽くても必ず大病院へ行き、診察を受けて診断書をもらうのが必須だということでした。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

任意保険の重要性

雨上がりの夕方にオートバイで片側二車線の国道を走っていました。走りなれた道だったので、いつも渋滞が起こりやすい交差点に侵入する際、減速して通過をしようとしていたら、右車線を走っていた車がウィンカーも出 …

no image

弁護士選びが大切だと知りました

まさか自分が交通事故の被害者になることは想像している人はあまりおらず、ましてや加害者になるとは夢にも思っていないのではないでしょうか。私の友人もまさか自分が交通事故にあい、ましてやトラブルにまで発展す …

no image

兵庫県神戸市で交通事故に強い弁護士

兵庫県神戸市で交通事故に強い弁護士を探すと見つかったのが、神戸ライズ法律事務所です。 交通事故に特化したホームページを持っているので、交通事故案件に自信があるのがすぐにわかります。 ホームページを見る …

no image

アルバイトの帰り道、普段は誰もいないはずのその場所に

現在私はあの当時の面影がないくらいに誠実に日々を過ごしています。 事故当時、19歳で西東京の私立大学に通いつつ、アルバイトや奨学金でもつて生計をたてていました。日々の多忙さもあってか不注意や怠慢なとこ …

no image

びっくりするくらい金額が上がりました。

私の娘が学校の横断歩道(信号のない横断歩道)を歩いていた際に、車に引かれて大怪我をした事がありました。最初は私が相手の保険会社と話をしていましたが、治療費も満足に出ないくらいの金額を提示されました。さ …