交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

任意保険の重要性

投稿日:2021年1月20日 更新日:

雨上がりの夕方にオートバイで片側二車線の国道を走っていました。走りなれた道だったので、いつも渋滞が起こりやすい交差点に侵入する際、減速して通過をしようとしていたら、右車線を走っていた車がウィンカーも出さずに割り込んできました。速度は落としていましたが、とっさのことだったので、ブレーキも間に合わず、そのまま接触をし、車と自分のオートバイの間に右足の腿が挟まれました。こちらはその場で転倒し、後ろを走っていた方に助けてもらいました。
相手の方はかなり離れた場所で車を停止させ、なかなか降りて来ず、やっと交差点まで歩いてくるなり「無保険だから」の一言のみでした。
助けて下さった方のひとりが警察に通報をして、事故の聴取が始まりましたが、警察官に文句を言い、事故現場は自分の車を停止させている場所だなどと滅茶苦茶な事を言い続けていました。
警察の方に人身事故か物損事故のどちらにするかを聞かれ、足は痛いものの歩行は可能だったので、物損事故でと、言ってしまいました。(後に後悔することに)
そこから、保険会社と相手方の話し合いが始まったのですが、だんだんと話しがまとまらなくなり、外部の事故調査業者を派遣し、再度、事故状況の確認を行いました。調査結果が出ても「自分も被害者だ」等のクレームを保険会社に何度も電話をするようになり、保険会社の担当者の業務にも支障をきたすほどとなったので、仕方なく、個人で依頼をしている弁護士に依頼をすることにしました。
弁護士を入れ、そこから書状が到着してすぐにバイクの修理代と診察費が分割払いで支払われ、あっという間に解決できました。
私自身はオートバイに乗っているので、事故を起こしてしまった時に相手に対して最大の保障がされるよう、保険料が高いのを覚悟して任意保険に加入をしています。
また、任意保険に弁護士費用の補償も付けており、弁護士費用10万円程度も保険会社が負担をして下さったので助かりました。
相手の方は自分の車の修理代、私への支払い等で大変な思いをされたのかな?と、少し心が痛みました。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

弁護士を入れるとスピード感が全く違う

横断歩道を歩きで渡っている時に、片側から来た車が止まらずに私をひき、車に当たった私は数十メートル先まで飛ばされ地面にたたきつけられました。反対車線の車は一時停止していたので、目撃者ありで10対0で私に …

no image

右直交通事故における弁護士相談

バイクで直進していたところ、右折してきた車と衝突。右折してきた車は交差点内で停止していたことを理由に、 過失0を主張。直進していた私の信号が青だったこともあり、こちらの過失は少ないと思われてるが、過失 …

no image

母親が車で接触事故をおこし、弁護士の方に対応してもらったときの話しです

今から2年ぐらい前の話しとなっておりますが、母親が買い物帰りの最中に急に後ろから追い抜きをしてきた車とミラーやドアなどがぶつかり、接触事故を受けた時の話しとなっておりますが、普段から法定速度を守りなが …

no image

過失割合ゼロでも大変。

土曜日のお天気の良い昼間、片側一車線の直線道路での事故でした。 私はスーパーの買い物を終え自転車で横断歩道を横断し車道の左端をまっすぐ走行し自宅に向かい、相手は普通乗用車で反対車線を走っていました。反 …

no image

びっくりするくらい金額が上がりました。

私の娘が学校の横断歩道(信号のない横断歩道)を歩いていた際に、車に引かれて大怪我をした事がありました。最初は私が相手の保険会社と話をしていましたが、治療費も満足に出ないくらいの金額を提示されました。さ …