交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

友人が仕事帰りに車同士の事故にあった時の話です

投稿日:2022年2月1日 更新日:

友人が過去に車同士の事故にあった時の話となっておりますが、退社中に車を運転している際に対向車線から突っ込んできた車と正面衝突事故が発生し友人は急ブレーキをかけて、かわそうとしたのですが、避けきれずに正面衝突をしてしまった感じです。 夜間であったため、友人も気をつけながら運転している矢先におきた事故であったため、戸惑いを隠せないでいた感じだったと話をしていて、とりあえず、相手の安否も確認した後に居合わせた人に警察に通報と消防に通報をしてもらい対応を受けた感じです。事故後でありますが、友人は軽いむち打ち状態であり、治療などを受けながら数ヶ月間は病院などに通っていた感じであり、突っ込んできた車の人も骨折などによって入院していた感じです。 回復してから警察とかの人達の調査も細かく行われたのですが、友人と相手の証言に食い違いがあったり、もめるようなこともあったため、話に折り合いなどがつかなく、保険関係のこともあるため、対応に追われていたとのことです。警察や検察の方に負担をかけられないため、友人は弁護士にお願いを出し仲介してもらい、相手と決着をつけるようにしたのであります。 お互いの車にはドライブレコーダーとかもついていて、事故の瞬間とかもしっかりと映し出され、警察の方にもそれを見てもらい判断がうまくつけれない状況であったので弁護士の方に対応してもらったのであります。 色々と対話などを含めて対応してもらい、この事故は解決することができ、相手の人に過失があることがわかりましたが、友人も前方不注意などによるものとかもあったため、比率的には相手が7割悪く、友人が3割悪いということになったのです。 相手もそれに納得していたようなので、この件は解決しておりますが、ドライブレコーダーの重要性はほんとに大切だなと感じた話を友人に聞いたのであります。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

交通事故の体験

はじめまして、桐原と申します。 これは、私の嫁が事故にあった時の体験談なんですが、 長男を朝から保育園に送ろうと家を出ました。 我が家の前は道が狭く100メートル程先に行くと見通しの悪い急カーブがあり …

no image

ドライブレコーダーをつけてなかった

去年の6月、介護施設に入所してる母親へ会いに行くため、車で行きました。高速道路を経由していったのですが、自宅から介護施設に行くまでは順調でした。その帰りも高速道路を利用するため、インターへ向かって一般 …

no image

弁護士を入れるとスピード感が全く違う

横断歩道を歩きで渡っている時に、片側から来た車が止まらずに私をひき、車に当たった私は数十メートル先まで飛ばされ地面にたたきつけられました。反対車線の車は一時停止していたので、目撃者ありで10対0で私に …

no image

父親が交通事故に遭った時の話です

父親が仕事帰りに車の交通事故に遭い、大怪我をした時の話となっておりますが、今から3年前になるけど、仕事現場から帰宅中に父親が運転していた車が対向車線から突っ込んできた車と正面衝突しつつ、もらい事故をく …

no image

車を運転していて車の追突事故に遭い、弁護士に相談

ある日、私は車を運転中、前方の車が急停止したため、避けきれずにその車に追突してしまいました。慌てて警察に電話をし、同時に弁護士にも相談しました。この事故を円満に解決するための一連の出来事がありました。 …