交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

廃車になるほどの事故

投稿日:2019年4月25日 更新日:

通勤途中の出来事でした。信号のない交差点で、細い道でのことです。どちらの道路とも、一時停止の標識はありませんでした。
ちょっと急いでいたこともあり、その道を直進していた私は、右から来た車とぶつかってしまいました。しかし、速度は緩めていました。とりあえず、車を降りて、保険屋さん、車屋さんに連絡し、警察を呼び、その方に謝罪をしました。職場に遅刻する旨をつたえました。お相手は50代の男性の方でした。
その方の乗っていた車は、車屋さんからの代車だったらしく、お怒りの様子でした。その方の車も凹んだ記憶はありますが、私の車は前方がグシャグシャになるほどでした。警察の方と色々とお話し、あとは保険屋さんとのやり取りで..と言って謝罪し、連絡先を交換し、別れました。私の車は、走行はできましたが、廃車になるくらいの状況でした。いったん、物損事故という形でおわりました。
車を職場の駐車場に止めて、保険の特約についていたレッカーと、代車を手配し、事故車はレッカーに乗せられ、運ばれていきました。その後、仕事をして代車で帰りました。あらためてその方にお詫びの電話をいれましたが、すんなり受け入れてくれる様子もなく、「おたくの上司の教育はどうなっているんだ!代車だったのにどうしてくれるんだ!」など、かなり怖い感じでした。初めは、物損事故だったものの、しばらく経って「首が痛い」と言われ、人身事故に変わりました。通勤途中の事故だったので、労災が下りると言われましたが、お相手の方の了承が得られず、労災になりませんでした。
その後も、何回もお相手の方からお叱りの電話があり、何されるかわからない恐怖もあり、ご自宅に謝罪には行けていない状態でした。その方いわく、「家に謝罪も来ないのに、労災の許可は無理だ」と、私の会社に言っていたそうです。
若干、お相手の方の走っていた道路の幅が広く、過失割合は、9:1になりました。人身事故になったこともあり、裁判所で取り調べを受け、罰金刑になりました。私の車は、結果廃車になりましたが、修理より新車特約を使った方が安くなるとのことで、廃車になり、新車に買いかえました。結構時間がかかりましたが、保険屋さんとの話も終わりました。しかし、その後も、非通知で何回か電話があり、恐らくそのお相手の方だったのでは?と思いました。勇気を出してでも、ご自宅に行くべきだったのか..悩みもしました。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

学生時代の交通事故

私は若い学生時代に交通事故に遭いました。それは私にとって、一生忘れられない出来事でした。その日、私は友達と映画に行く予定でした。道路は混雑しており、私たちは交差点で信号待ちをしていました。突然、後ろか …

no image

追突されて逃げられた話

夕暮れ時の交差点で、私の車は右折車線の先頭でした。信号は赤で、ウィンカーを出して停車していました。後続で来た車に追突され、軽い衝撃がありました。バックミラーで確認すると追突してきた車には若葉マークがあ …

no image

丁寧な対応で落ち着いて裁判を受けることができました

交通事故の詳細今回の事件は、信号のある交差点で赤信号を無視して自動車を進行させ、被害者が乗っていた原動機付自転車と衝突し、被害者は全治2週間の傷害を負わせてしまいました。このような事件は、危険運転致傷 …

no image

まだ3日目ですよ

それは友人の話です、友人はこの地域では大きな農家なのです、その彼が新車を買ったというのです、その車は、日産のエクストレイクでした、結構な高級車です。彼が慣らし運転のつもりで、町まで出かけて、帰り道、国 …

no image

車を運転していて車の追突事故に遭い、弁護士に相談

ある日、私は車を運転中、前方の車が急停止したため、避けきれずにその車に追突してしまいました。慌てて警察に電話をし、同時に弁護士にも相談しました。この事故を円満に解決するための一連の出来事がありました。 …