交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

追突されて逃げられた話

投稿日:2023年3月1日 更新日:

夕暮れ時の交差点で、私の車は右折車線の先頭でした。信号は赤で、ウィンカーを出して停車していました。
後続で来た車に追突され、軽い衝撃がありました。
バックミラーで確認すると追突してきた車には若葉マークがあり、運転手は若い男性でした。「やっちまった」という表情に変わるのを確認しました。
ただ、そのすぐ後に信号が青に変わってしまいました。

右折車線の先頭に停車していたので、もちろん後続車も右折するはずです。
私は右折し、少し走ったところで車を停め、後続車を待ちました。
しかし、後続車が走ってこないのです。強引に直進したとしか思えません。

その場でどうしたらいいのか分からず、近所だったこともあり当時の自宅へ帰宅してしまいました。家から「車をぶつけられて逃げられた」と警察に通報したのですが、当時一緒に住んでいた父親からは「どうしてその場で電話しなかったんだ!」と言われました。その通りでした。

追突された車で署まで来てくれと言われました。すぐ行きました。
警察官から事故のあった交差点の場所を聞かれ、また私の車の追突されて傷になった箇所を確認してもらいました。
相手の車のナンバーを覚えていないか・どんな車だったのかを聞かれたのですが、ナンバーは覚えていませんでした。
どんな車かと聞かれても、ミニバンで色は白だったとしか答えようがありません。

車を特定出来ない場合、追突した車の運転手が出頭しない限り被害届は出せないと言われました。
車の修理費も、保険で直せましたが誰にも請求できませんでした。

信号が青になった時、車を降りて「右折したところで止まって下さい」と追突してきた車の運転手に伝えるべきでした。
まだ免許を取りたてで、もしかしたら事故が初めてだったのかも知れません。
そして、逃げられてしまったと分かった時点で警察を呼ぶべきでした。わざわざその後、自分で警察署に行くはめになったので。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

父親が交通事故に遭った時の話です

父親が仕事帰りに車の交通事故に遭い、大怪我をした時の話となっておりますが、今から3年前になるけど、仕事現場から帰宅中に父親が運転していた車が対向車線から突っ込んできた車と正面衝突しつつ、もらい事故をく …

no image

交差点で事故に遭いました

私は車社会の田舎に住んでいるのでどうしても住んでいる地域では歩行者と車の事故は多いです。数年前、私は通勤途中に交差点で車と接触する事故に遭いました。その出来事は私にとって驚くべきもので、その後弁護士に …

no image

迅速な対応で非常に助かった

交通事故の詳細主人が飲酒運転で逮捕され、勾留が延長されたため、弁護士を探すことになりました。そこで、22時過ぎていたのですが、横浜弁護士会や他の有名弁護士事務所へ電話しても、翌日対応だったり、録音テー …

no image

任意保険の重要性

雨上がりの夕方にオートバイで片側二車線の国道を走っていました。走りなれた道だったので、いつも渋滞が起こりやすい交差点に侵入する際、減速して通過をしようとしていたら、右車線を走っていた車がウィンカーも出 …

no image

交差点内の事故

1年程前、T字路の交差点で母が事故にあいました。電話があったとき、心臓が飛び出るかと思いました。家から近かったので、すぐに現場に向かいました。相手は老人夫婦で、運転手は女性の方でした。青信号で直進して …