交通事故案件に強い弁護士

交通事故案件に強い弁護士を地域別にご紹介します

未分類

追突されて逃げられた話

投稿日:2019年9月25日 更新日:

夕暮れ時の交差点で、私の車は右折車線の先頭でした。信号は赤で、ウィンカーを出して停車していました。
後続で来た車に追突され、軽い衝撃がありました。
バックミラーで確認すると追突してきた車には若葉マークがあり、運転手は若い男性でした。「やっちまった」という表情に変わるのを確認しました。
ただ、そのすぐ後に信号が青に変わってしまいました。

右折車線の先頭に停車していたので、もちろん後続車も右折するはずです。
私は右折し、少し走ったところで車を停め、後続車を待ちました。
しかし、後続車が走ってこないのです。強引に直進したとしか思えません。

その場でどうしたらいいのか分からず、近所だったこともあり当時の自宅へ帰宅してしまいました。家から「車をぶつけられて逃げられた」と警察に通報したのですが、当時一緒に住んでいた父親からは「どうしてその場で電話しなかったんだ!」と言われました。その通りでした。

追突された車で署まで来てくれと言われました。すぐ行きました。
警察官から事故のあった交差点の場所を聞かれ、また私の車の追突されて傷になった箇所を確認してもらいました。
相手の車のナンバーを覚えていないか・どんな車だったのかを聞かれたのですが、ナンバーは覚えていませんでした。
どんな車かと聞かれても、ミニバンで色は白だったとしか答えようがありません。

車を特定出来ない場合、追突した車の運転手が出頭しない限り被害届は出せないと言われました。
車の修理費も、保険で直せましたが誰にも請求できませんでした。

信号が青になった時、車を降りて「右折したところで止まって下さい」と追突してきた車の運転手に伝えるべきでした。
まだ免許を取りたてで、もしかしたら事故が初めてだったのかも知れません。
そして、逃げられてしまったと分かった時点で警察を呼ぶべきでした。わざわざその後、自分で警察署に行くはめになったので。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ひき逃げではないけど、逃げられた話

私が高校2年生の時に遭った事故の話。通学中に、マンションの駐車場から出てきた車に衝突され転倒した。自転車を漕いでいた私の横に車がぶつかる形だ。 その時の怪我は肘を擦りむいたことくらいで、私はすぐに立ち …

no image

弁護士に相談してよかった

まさかという場所で自動車同士でぶつかってしまい、相手の信号無視でしたがこちらも既に動いていたのでこちらにも非はあると言われるだろうなとは思っていました。特にその時は大きな怪我もなかったので警察を呼んで …

no image

父親が仕事中の帰り道に後ろから追突された話し

こちらの話も4年ぐらい前の出来事になっておりますが、建築関係の仕事をしている父親は色々な現場へいくので都会方面とかにも出ることがあり、長距離の移動になることもしばしばあったりします。 4年前におきた事 …

no image

友人が仕事帰りに車同士の事故にあった時の話です

友人が過去に車同士の事故にあった時の話となっておりますが、退社中に車を運転している際に対向車線から突っ込んできた車と正面衝突事故が発生し友人は急ブレーキをかけて、かわそうとしたのですが、避けきれずに正 …

no image

交差点で事故に遭いました

私は車社会の田舎に住んでいるのでどうしても住んでいる地域では歩行者と車の事故は多いです。数年前、私は通勤途中に交差点で車と接触する事故に遭いました。その出来事は私にとって驚くべきもので、その後弁護士に …